東京都市大学 都市生活学部経営戦略研究室 橋本ゼミナール


MENU

CLOSE

教員プロフィール

東京都市大学都市生活学部
講師
橋本 倫明

博士(商学)。公認会計士試験合格者。
慶應義塾大学商学部卒。同大学院商学研究科修士課程および後期博士課程修了。あずさ監査法人(現 有限責任あずさ監査法人)に勤務し、会計監査を担当。慶應義塾大学商学部助教を経て、2017年より現職。経営戦略(とくにダイナミック・ケイパビリティ論)、企業境界、コーポレートガバナンスといった企業経営に関連する広範な問題を解決すべく、組織の経済学等のアプローチに基づいて研究活動をおこなっている。経営哲学学会幹事・編集委員。

学歴

2009年 慶應義塾大学商学部 卒業
2011年 慶應義塾大学大学院商学研究科 修士課程 修了
2014年 慶應義塾大学大学院商学研究科 後期博士課程 単位取得退学
2016年 博士(商学) 慶應義塾大学大学院

職歴

2011-2012年 あずさ監査法人(現 有限責任あずさ監査法人)
2012-2016年 慶應義塾大学商学部助教
2017年より現職

主要な業績

著書

(共著・分担執筆)『ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論』中央経済社,2018年
(共著・分担執筆)『経営哲学の授業』PHP研究所,2012年
(共著・分担執筆)『企業の不条理−―「合理的失敗」はなぜ起こるのか』中央経済社,2010年

論文

「企業の競争戦略と垂直境界――取引コスト理論分析」『三田商学研究』58巻2号,2015年
「コーポレートガバナンス制度としての内部告発制度―内部告発制度をめぐるエージェンシー理論分析―」『経営哲学』12巻1号,2015年
「洗練された競争戦略論――取引コスト理論を組み入れた競争戦略論」『三田商学研究』55巻3号,2012年
(共著)「Fungibility and Complementarity between Corporate Governance and Corporate Social Responsibility: The Agency Theoretical Approach to Corporate Social Responsibility」『Keio Business Review』46巻1号,2011年

表彰

経営哲学学会研究奨励賞「企業不祥事をめぐるエージェンシー理論分析」2012年

所属学会

日本経営学会、組織学会、経営哲学学会