東京都市大学 都市生活学部経営戦略研究室 橋本ゼミナール


MENU

CLOSE

2018年度 第6回ゼミ活動報告

2期生の鈴木です。
今回も今まで同様に輪読を行いました。物理的世界、心理的世界、知性的世界を統合して考えるキュービックグランドストラテジーのイメージや原理について学習しました。同時進行型、時間差重層型、時間差単層型がそれぞれ現代社会のどこに応用されているのかを考察しました。
輪読後、4年生から「AIの発達が招く失業」、そして「マイナンバーカードの必要性」をテーマにした卒論の中間発表がありました。僕たちが以前学習したブルーオーシャン戦略や取引コスト理論が活かされた研究であったので、わかりやすく興味深い発表でした。

記事をシェア