東京都市大学 都市生活学部経営戦略研究室 橋本ゼミナール


MENU

CLOSE

2018年度 第17回ゼミ活動報告

2期生の向井です。
今回のゼミでは前回に引き続き、3年生からのインゼミで発表するグループ研究の報告と、4年生からの卒業研究の中間発表がありました。
3年生のグループ研究の報告のうち、前回「就活ルールの見直しから見えてくる日本の就活の問題点」をテーマにしていたグループは、「日本の就活そのものの問題点と提案」という新しいテーマを作り発表しました。また前回「働き方改革の問題点と課題」をテーマにしていたもう一つのグループも「運送業界の人手不足と再配達の解決案」という新テーマで発表しました。

グループごとに先生、先輩方からアドバイスされる点も違い、第1のグループはテーマそのもの、理論分析、発表の構成の見直しを指摘されましたが、第2グループは前回よりテーマ、構成がわかりやすかったところが評価され、少し話が進んでいるように感じました。

4年生からの卒業研究の中間発表では、「プロスペクト理論による転売チケット購入の分析」をテーマにした卒業研究の話が続きました。中間審査会でプロスペクト理論そのものが本当に正しいかどうか確かめてほしいという指摘を受けたことから、理論の内容をどのようにすれば証明できるのかについて議論が交わされました。

記事をシェア